ご利用者さまの希望を第一に考えサポートします

「時には寝坊をして、ゆっくり朝ごはんが食べたい」「リハビリのための運動ではなく、お花を愛でるための散歩がしたい」
そんな、心からの願いに応えるための施設をつくりたい。ここから、オネスティだからできる介護への挑戦がはじまりました。

オネスティでは、ご自宅での生活と同じようにお過ごしいただくために、 施設や、職員の都合による日課(時間毎のスケジュール)はありません。お目覚めの時間も、お食事の時間もご入所者さま一人ひとりのリズムに寄り添い、 なるべく規則や制限をせず、趣味や趣向も、ご利用者さまの希望を第一に考えサポートする。
日々、笑顔で暮らしていただくための支援、それが私たちオネスティの介護です。

その人の人生はその人らしさそのもの。
昔はどんなことがあったかな。
たくさんの人と知り合って、いろんなところに出かけて、
いっぱい学んで、見て、知って、たまに失敗して落ち込んだりして、嫌になることもあったけど、まあ何とかなるさって言って笑って。
あの頃みたいにまたいろんなものを見て、たくさん笑い、いつもの場所で楽しく自分らしく過ごしてみたい。
そんなわたしをお手伝いするよと言ってくれる仲間がここにはたくさんいます。

自分らしく最期まで生き抜いたら、かっこいいかな。
だったら、ちょっと不安だけど、挑戦してみようかな。
もうちょっとやってみようかな。
ほら、自分らしく生きているとまわりに笑顔が増えるでしょう。
ほら、あなたを待っている人がたくさんいるでしょう。
またあの時と同じように、あなたらしくいられる場所へ。
高潔に、誠実に、素直に、その人がその人らしく。
オネスティ南町田